住めば西条

東広島市に赴任してきた30代OLの日々。犬と二人暮らし。

西条を去ることになりました。

転勤です。本社のあるつくばに戻ります。

もう3年。地方勤務としては長いほう。去ることも、納得していたつもりでした。

でも先日出張でお台場に行った時、広島を離れる新幹線に乗って窓の外を見ていたら「次にこれに乗る時は、もう帰ってこないんだ」と自分でも意外なほど寂しくなりました。東広島の特徴的な赤茶の瓦の家が、どんどん後ろに遠ざかっていくのが悲しくて胸がつまった。

お台場はきらきらして、未来みたいで、いつも心躍るんだけど、その時は「遠くに来ちゃったな」としみじみ実感しただけでした。

f:id:mamezo12:20170523211426j:plain

でも広島の職場の人たちにはまだ言っちゃいけなかったから、寂しい気持ちをどうしようもなくてさらに寂しくて。

 

今はもう言っていいことになったので、みんなに寂しい寂しい言ってます。

送り出すほうはせいせいするかもしれないけど、私はここが好きだったから寂しい。

人のことだけじゃなくて、田んぼに映る山、お好み焼き屋さん、スーパーのおいしい魚、街のいたるところを侵食するカープ、酒蔵の煙突、小島だらけの瀬戸内海、みかん、レモン、お気に入りのパン屋さん、とにかく何もかもが大好きで。

今、広島が好きなんじゃーーーーー!!と叫びたい気持ち。