住めば広島

東広島市に赴任してきた30代OLの日々。犬と二人暮らし。

スターウォーズ ローグワンの感想(ネタバレあり)

みてきました。迫力があってすごいとは思ったけど、私はあんまり好きじゃなかったなー。予告で流れていた美女と野獣がすごく見たいです。エマ・ワトソンのベルが見たい。

あと関係ないけどブログタイトルを西条→広島に変更しました。今更感すごいのですが、西条の知名度が低すぎるようなので…。ごめんね西条、嫌いになったわけじゃないの…。

 

以下感想。

短いけどネタバレありなので、これから見ようと思ってる人は読まないでください。

 

 

 

今までのを見て好きだった人は、今までのキャラクターがちょこちょこ出てきたり、ストーリーがつながったりして面白いと思います。

私も、デススターこうやってできたのかー、こうやって次のエピソードにつながるのかあー、それでルークがこの後爆破するんだなー、姫のCGすごいなー、くらいは思ったのですが。

まず、ほぼ全員死ぬっていうのが。どうせ助かるんでしょって思いながら見ててやっぱり助かるのもちょっとつまらないかもしれないけど、ほぼ死ぬんです。しかも主要人物はみんな、大義のために自分の仕事を全うして満足して死ぬ。モブはそれぞれの大義のために、虫けらのように蹴散らされて死ぬ。ゲリラ戦も空爆も、現実で起こっていることと何ら変わらなくて、夢のようなフィクションとしてはもう楽しめなかった。小さい部隊で大きな悪の帝国を倒すって、初期は夢があったかもしれないけど今は現実に市民によるテロが世界中で起こってて、それぞれの思想のためにバンバン死んでる。Warsなんだから最初からそういう映画だと思ってみていればよかったのかもしれないけど、ただの娯楽映画だと思ってたから心の準備ができてなかった。そして最後は大きなキノコ雲、津波。おなか一杯だよー。