読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば広島

東広島市に赴任してきた30代OLの日々。ねずみと犬と三人暮らし。

婚活の感想(モヤモヤ発言集)

婚活の感想の最後は、モヤモヤ発言集です。もうだいぶ忘れちゃったんですけど、婚活終わったら書こうと思ってたやつ。都度書き溜めておけばよかったなあ~。

前にも書いたけど、変な人以上に、良い人もたくさんいました。世の中、良い人ってたくさんいるなあって思った。ただ良い人ってブログネタにはならないからっていうだけの理由で、モヤモヤした発言だけまとめてます(笑)まあ厄落としみたいな感じで!

私の発言も誰かが「変な女に会った」ってどっかに書いてないかな~。

 

※主に婚活で出会った方の発言ですが、それ以前や、それ以外のもあります。

※この発言が直接的な原因となって破談になったとは限りません。変な発言してたけどトータルでは良い人ってこともあるし。

 

*「家庭的な女性が好きです」

家事やってくれて金のかからない女がいいって正直に言えよ。それだけのこと言ってるって自覚してくれよ。これ言う人ほんとにほんとによくいる。最初は、具体的にはどういうことですか?って必ず聞くようにしてたけど、最後は疲れて無視していた。

 

*「僕は料理はできません」

私「えっ、でも一人暮らしですよね?ごはんはどうされてるんですか?」

「外食とコンビニです。仕事していると自炊する暇もなくて」

私「わかります~、今はコンビニのごはんもおいしいですしね。私も仕事続けるし、そういうのに理解がある方でよかったです^^」

「でも結婚したら、そればかりも体に悪いので」

私「はぁ??」

いやいやなんで、今までやらずに済ませてきたことが、結婚によってカバーされる前提なの?料理要員として結婚するって言ってるようなもんじゃん!!

 

*「仕事は続けていただいても結構です。家事は手伝いますので」

こういう人もすっごくいっぱいいた!!

「じゃあ私も仕事しながら家事手伝いますね^^」って言うと変な顔される。そうだよね、だって「手伝うよ」ってメインは自分じゃないって前提だもんね。

その程度の考えしかないのに中途半端なことを言って”理解のあるオレ”に酔うのはやめてください。あなたが言ってるのは「外で稼いできて。でも家事もメインでやってね」ということです。あなたの仕事が大変なように、私の仕事も大変です。あなたが家事を「手伝う」くらいで、私は仕事と2人分の家事と、将来の育児を両立できるとは思っていません。あなたがそれをできると思っているのなら、それは私の仕事をバカにしてます。分担できないのであれば、せめて自分が一方的に負担を強いようとしていることを自覚してください。「仕事を続けることを許してる、家事も育児もちょくちょく『手伝う』」なんていう低いレベルで、男女平等、理解のあるオレ、イクメン、悦に入るのやめてください。だったら「俺が養うから家事を頼む」って言われたほうがよほどすっきりします。

 

*「僕ってセンスいいじゃないですか~」

この発言をした人は、私の最も苦手とするポジティブ勘違い野郎の草分けであり最高峰。他にもハイセンス&セレブアピール発言は数限りない。自分に絶大なる自信があり、相手が自分を好きにならない事態は想定しない。耳にはお断りの言葉も全て肯定的に翻訳するスーパーポジティブフィルタが搭載されており、断っても断ってもあきらめないというより伝わっていない。目にもフィルタがかかっているので私の見た目も行動もすべて彼に都合良く変換される。「mameさんをイメージして作ってもらいました!」と言って渡してくれた花束が純白であったことは、私の人柄をよく知る友人たちの間では失笑必至ネタとなっている(それはそれで失礼では・・・?)。

 

*(お断りした後の返事として)「それは僕のことを知らないからですよ」

ポジティブ勘違い野郎の仲間。断られても「僕の事を知らないから」つまり「知れば誰でも僕を好きになるはず」という謎の自信があるらしい。「知ってる部分だけで十分無理なんです」という説明は、するほうも結構つらい。

 

*「B級グルメって広島の特産ですよね?」

どこから説明したらいいのかわからなかった。「オフィスカジュアルって作業着でしょ」もあった。

 

*「どうして姑や小姑に嫁が気を使うのかわからない、僕の家族は仲が良いから想像できない」

想像できないならしょうがないよね。

 

*「命を賭して家族を守ります!」

えっ、何から守るの?と思ったら、自衛官だった。いやいやそれって仕事で国を守るってことでしょ。しかも仕事が忙しい忙しい、家に全然帰ってない、って繰り返し言いながら、「仕事を持って自立した女性が良い」って無理じゃない?そんな忙しい生活で、共働きの育児負担とかどうすんの?家に帰らないで家庭のことは全て妻に押し付けておいて、たまたま仕事が国防だからって「命を賭して家族を守ってる」って言うの、あまりに都合が良すぎない?仕事続けてって言っても、そもそも転勤あるでしょ。

自衛官である自分に誇りがあって大好きなのはわかる(頼んでないのに制服の自撮り写真送ってくれた)けど、それで頭いっぱいになって色々ごっちゃになってる感じでした。最初から「自分は命を賭して国を守る仕事が第一なので家庭は妻に任せたい」って言ったほうが良いと思うんだけど…。

 

*「僕って味の好みが変わってるから、例えば牡蠣を食べると白ワインとか日本酒とか飲みたくなっちゃうんです」

「それって普通ですよね」とつい言ってしまった。そのほかにも「科学者だから掃除に重曹クエン酸を使うんです」という「主婦みんな知ってるやつですね」としか言えない発言もあった。研究者は変人じゃなきゃいけないと思っているのかな。

 

*「思ったことをはっきり言うのは、相手が傷つくことがあるので、僕は遠まわしに言います」

私が、思ったことをはっきり言うほうだという話をしたところこの発言。私はむしろ「きつい女は苦手」とはっきり言われたほうが気分を害さなかったぞ。

 

*「犬猫をガラスケースで販売するのはどうしてダメなんですか?どうしてかわいそうなんですか?」

婚活関係なく無理だと思った。

 

*「結婚しても、自分のほしいものは自分で買ってね」

別にたかるつもりは最初からないけど、わざわざそれ言う?

 

*「元彼にもらったぬいぐるみを捨てて」

誰からもらったとか関係なくて、気に入ってるものを人から言われて捨てたりしないし、元カレと張り合う前にお前は今彼でも何でもないだろう、と。

 

*「知性のある女性が好みです。家計を任せたいので」

女性の知性って家計のためなんだ。

 

*「はい僕が全部悪かったです。ところで何が悪かったのか愚かな私に教えていただけませんでしょうか?」

誤解から突然怒り出した彼に対して、だいぶ頑張って説明したんですけど、最後にこの言葉が出たので「すみませんもう無理です」と言って連絡を絶ちました。この人に対して使えるエネルギーをもう全部使い切ったな、という実感があり。

数か月後に「近くまで遊びに行くので出てこれませんか?」と何食わぬ感じでメールが来て驚きました。

 

*「一人暮らしをする勇気がない」

ど田舎暮らしの人なので、進学先も就職先も、実家を出ないことを条件に探さない限り自然と出ることになったはずなのに、断固出なかった理由がこちら。アラフォーで一人暮らしの勇気がない人と二人で暮らす勇気なんかこっちもないよ!!

 

*「男性はガラスのプライドを守って生きていますから」

これは地元の結婚相談所のマダムのお言葉。どうして男性は学歴と収入公開なのに、私は非公開なんですか、とふと尋ねた時のお返事。いやそれはプライドじゃなくコンプレックスでしょう。男がみんなそんなこと気にしてると思ってるならマダムのほうが男をバカにしてる。と思ったけど、実際にお見合いで私の学歴やキャリア(どっちもそうたいしたものではないんだけど)について聞いてきて、格下認定できなかったからって態度悪くなった人とかもいたので、まんざら外れてもいない。むしろマダムにお願いして公開してもらいました。それで引くような男には最初から会わなくていいです、って。

そしたら

「最初は隠しておいて、好きになってもらってからであれば受け入れてもらえるかも」←相手より高学歴高収入なのが瑕疵扱いっておかしくないですか?

「自分を認めてほしいという気持ちが強いと幸せになれませんよ」←自分を認めてもくれない人とみんな結婚してるんですか?それとも格下じゃないと安心できない(しかもそれを学歴と収入で判断)ような男としか私は結婚できないって意味?

「プロフィールにも頑張ってるって表現が目立ちますけど、男性は女性に癒しを求めるので、頑張ってる女性は求められませんよ」←私も癒されたいよ、っていうか男をバカにしてませんか

「犬と同じで一緒にいてほっとできれば良いんです。相手の学歴や収入にこだわるべきではないですよ」←犬と同じなら、犬いるんでもう良いです。学歴や収入にこだわってるのは私ではなく相手とお前だ 関係ないなら全員非公開にしろ

という感じで万事かみ合わなかったので、お見合いがひと段落してから退会しました。

やめるときに相談所のえらい人と面談をして、上記のようなことでもう信頼感も意欲も持てないという話をしたのですが、おそらく真意は伝わってなくて、学歴と収入にこだわるプライドの高い三十路女が、身の程もわきまえず男を蹴散らしてやめたように思われているんだろうなあ。

まあマダムとは合いませんでしたが、出会った方々は良い人が多かったので、相談所自体に問題があるわけではないと思います。

 

*「僕は男性しか愛せませんが、それでも良ければ付き合いましょう」

いや、もうMVPはこれしかない…なかなかこれは上回れないと思います。それでも良ければって、良いわけないでしょう。親にカミングアウトしてないので世間体のために結婚したいんだって。子供も体外受精で作りたいんだって。「外に恋人はつくることになりますが家庭は大事にします」って意味わからないし、私に何のメリットがあるの?ゲイとか関係なく愛人つくるの前提でもいいから結婚したがっているような必死の女に見えた?それでもいいからお願いしますって言うと思われたの?そう思うと悲しくて、すごくショックで、その気持ちを相手に伝えないままお断りしてしばらく婚活をお休みしました。「理解がなくて残念です」って言われて腹立ったけど、「あなたがゲイであることは理解してますけど、ここはそういう婚活の場じゃないのに、愛人前提の偽装結婚持ちかけることが失礼だと思わない神経は理解できません」とは言わなかった。私にしては珍しく、もう何も言いたくなかった…。

そしたらなんと数か月後に「元気?まだ婚活やってますか?」とメールがきました。「色々あってお休みしてます」って返したら、「えっ、何があったの?」って

お ま え だ よ !!

数か月前にせっかく言わないでおいた言葉を、結局言うはめに。