読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば広島

東広島市に赴任してきた30代OLの日々。ねずみと犬と三人暮らし。

女性ならわかるはず?

働く女性向けのセミナーの課題:

「女性は仕事に加えて色々なライフイベントがあるので、仕事と生活の両立が大変です。どのようなことが障壁となるか、どのようなことに不安を感じているか話しあいましょう」

 

って、一見何の問題もなさそうだけど、私はこれ答えるの結構しんどいなあと思いました。私の回答、端的に言えば、「女性にはライフイベントがあるという決めつけがある世の中で、ライフイベントなかったらどうしよう、って不安です」

 

想定されてる女性のライフイベントとやらは、結婚して子供をもつことだそうなんだけれど、ちょっと自分の人生でそれが起こるかどうか微妙なんで、それ前提の議論ってあんまり参加したくない。女はみんな子供を産むはず/産みたいと思うはず、産めない人や同性愛者は参加者の中にいないっていう想定。

そういう予定がない人も一緒に考えるべき、というのはわかる。わかるけど、だったら男性も参加したらいいのでは?参加者が女性限定という時点で、明らかに「産む性」としての議論だよね。

それに子供ができることは女性だけのライフイベントじゃない。産むことだけは女性の仕事だけど、結婚や育児は男性にとってもライフイベントのはず。

 

もちろん、現状多くの女性が(仕事と両立しながら)子供を産み育てることを期待されている、多くの男性にとって結婚も育児も仕事との両立を阻むようなライフイベントたりえない、ってことはわかってる。

わかってるけどそれは現状の問題点であって、少なくともセミナー開催者が当然のように言っていいことじゃないと、私は思ってる。

 

でも女性ならみんなそう思うってわけじゃないのも、やっぱりわかってる。私が頭抱えてるこの課題文も、何の引っかかりもなく素直に答えられる女性もいると思う。そもそもこの文考えたのも女性だし。私の周りは私みたいな女ばっかりだからみんな「これは変だ」って言うけど。こういうのって女性だから考えなくてもわかるとか、共感できるとは限らないなあ、と最近よく思います。