住めば西条

東広島市に赴任してきた30代OLの日々。犬と二人暮らし。

人生2度目の婚活パーティー

ことしの抱負として婚活を再開して3週間。

前よりも少しストレスが少ないのは、覚悟ができてたからでしょうか。

30代限定の婚活パーティに行ってきました。

先に結論を言おう。

何の成果も得られませんでした!

 

5年くらい前に一度つくばで参加したきりだったのですが、そのときは3分間に1人と話して、とりあえず全員を一周する!みたいな感じでした。今回もそういう感じで運営にまわしてもらうのかなーと思っていたら、まさかの完全放置。

「はい、はじめます」と言って去る運営。とまどう参加者。最初の10分間くらいを無駄にしつつ、なんとなく色々なところで会話が始まり、なんとなく終わる感じでした。

 

で、いましたここにも!二言目に「料理はできますか」と聞いてくる男。

「家庭的な人が好み」とごまかすより、「料理はできるか」と直球で来るほうがましだと前から思っていたので、ダメはダメなのですが、すがすがしいダメさでした。

出会いがしらに「料理できますか?」って、立場逆なら例えば「年収はいくらですか?」って聞くようなもんだと思うのです。料理してくれる人が好みでもいい、年収多い人が好みでもいいのですが、それって出会って最初に聞くこと?

友達関係でも、相手が自分に何をしてくれるか、から入るのっておかしいじゃないですか。性格が合うから料理はヘタでもいいよ、とか収入少なくてもいいよ、とかあるじゃないですか。

 

で、「料理はできますか」と聞かれて、まさか自己紹介もしないでその言葉が来ると思わず「え?何ですか」と何度も聞きなおした私。どうやら本当に料理の能力を確認されてる…

「どうしていきなりそんなことを聞くんですか?^^」

「じゃあ、できないんですか」

「できたとしても最初からそれを求めてくるような方には何も作りたくありませんので、別の方を当たってください^^」

 

他の女性だったら、何て答えてたんだろう。うーん。

こういうこと、どうせ行きずりの人だ!えーいと思って我慢できずに言っちゃうのですが、行きずりだから殴ってもいい、じゃなくて、行きずりだから殴っても仕方ない、と考えられるようになれば、私も少しは丸くなるんだろうか。

言うだけ言っちゃって、あとからいつも自分の狭量に落ち込みます。

 

女性からは「よくぞ言った!」「私もそれは腹立つわ!」ってねぎらいや共感をいただけることが多いので、落ち込んでるときには救われます。

でもこれって2chのスカッとした話とかでやるものであって、実生活でここまで言っちゃう女って、ヤバいのではないか…という気もしています。みんな優しいから指摘してこないけど。地雷踏まれるたびに全力で爆発しても、灰しか残らない。

 

あと、今回印象的だったのは、極度に口数が少ない男性が数人来ていたことでした。話しかけるだけで汗だくになるくらい緊張してしまう人たち。そういう人が、初対面の人ばかり、しかも何のお膳立てもなく自分から突撃しないといけないような会に来るって、すごい勇気だよなあと思います。思わず「大丈夫ですか!?」って言っちゃったけど。

 

今回のパーティーで唯一あったイベントは、紙に気になった異性の番号を書いて投票し、マッチしたら運営が丸をつけて返すというものでした。運営、ラクそう。連絡先の交換は終了後に各自でするようです。

 

だけど、目の前で「今俺は君の番号を書いたから、君も書くよね、僕は○番だよ」「え、あ、はあ」って書かされたのばっかりなので、そりゃ当然マッチングもします。

あの人は私の番号書いてくれたかしら、みたいな感じではなく。

そしてもはや誰の番号を書いたのかもよくわからない状態になってしまい、明らかに合わない、湘南の風とか聴いてそうなオラオラ系の人ともマッチしちゃってたりして、連絡先交換前にさっさと帰りました。

 

大勢の中でその場でおしゃべりするのは耐えられても、帰った後も時間割いて連絡取り合いたいと思う人って、たくさんはいないんだなぁ。特に、対人関係に割くリソースの足りてない私は。少なくともあの場では出会わなかった。

そう思うと、私にとって、普通に連絡取り合ってる知人たちって全然普通じゃなくだいぶ特別なのかもしれないな。

 

ちなみに同じように連絡先交換せずさっさと帰ってる女性も結構いて、その中の一人がマッチングの紙を見せてくれたのですが、番号を書くふりをして意味の無い図形が書いてありました。

私だけじゃなくあのパーティー自体が失敗だったりして。

 

5年前の人生初婚活パーティーのときも、結局女性同士で話弾んでしまって友達になったりしたのですが、今回も正直女性のほうが気が合いそうな感じでした。合コンは反省会が一番楽しい説、本当なのかも。。

 

あと、上記のように戦果はゼロなのですが、ちゃんと婚活してるという達成感はあります。でもそれって結局、「婚活したけどダメだった」っていう言い訳が欲しいだけみたいで、よくない気がする。。

 

まあとりあえず、一回は頑張ったから、当分いいや!