住めば西条

東広島市に赴任してきた30代OLの日々。犬と二人暮らし。

小さくなった私

ジュネーブから帰ってきてもう一年以上。

なんだか、小さな田舎(好きだけど)におさまっている自分が小さくなったような気が、少し、しはじめました。

国際機関で働く海外OLという飾りがとれて、ただのOLになったら、なんだか自分がつまらないものになったような。

海外駐在の予定がある友人と夏休みに会ったとき、あんなに大変だったのに、「うらやましい」って思ったのです。

認めたくなかったんだけど…。

 

でも、そもそも、国際機関で働く海外OLだったときも私は今と同じくらいつまらないものだったので、結局どこにいても私は私以上のものではないのです。

海外OLというキラキラしたフィルタを通して見られることにあんなに抵抗があったのに、いつの間にか自分が自分をそうやって型にはめてる。

つまらないものでも私は私、と受け入れて(諦めて?)いたつもりなのに、いつの間にか在外経験を利用してキャラ付けを求めようとしてる。あぶないあぶない。それこそ私が絶対なるまいと思っていた姿なのに。気をつけよう。

 

でもそれだけジュネーブの記憶が自分の中で良いものになってきたってことでもあるんだと思う。辛かったことも、思い出したくないほどの生傷状態では、もうない。時間って偉大!