住めば西条

東広島市に赴任してきた30代OLの日々。犬と二人暮らし。

子供を受容する社会?

私には刺さらなかった。

【刺さる!】とあるマンションで赤ちゃんの泣き声がうるさいとの苦情。それを受けた管理人が配布した『意見書』が胸に突き刺さる! | 四葉のclover

 

防音シートという誰も我慢しなくてすむ方法が、しかも管理会社の費用負担で提案されてるにも関わらず、それを選ぶことが「赤ん坊の排斥」と言われるのってなんか違うと思うんだけど。

この後防音シートの希望者は出なかった、っていい話風に書いてあるけど、こんなこと言われて、防音対策してくださいと言いづらくなっただけじゃないだろうか。苦情出すだけでも勇気要っただろうに。

昔はみんな子供だったんだから、昔と同じように我慢すべきだというのも変。もう対策のしようがなかった時代じゃなくて、防音シートという新しい手段を選べるんだから、それを使って何が悪いんだろう。やるだけやって、我慢しか方法が無くなってから言ってよ。

私は子供いないけど、もしうるさい赤ん坊がいたとしてら、隣の家の人が「赤ちゃんはうるさいものだから、我慢するね」と言ってくれるよりも「防音シート貼ってあるから大丈夫よ」っていうほうが数段気が楽。「子供がいないからわからないんだ」っていうなら、犬でも同じ。「犬はうるさいもんだから我慢するよ」って言われたらすごく居心地悪い。ぜひ我慢より防音シートを選んで欲しい。なんなら私が貼る。

でもこれがいい話として拡散されているのが現実なので、私は「育児に理解がない赤ん坊排斥独身女」の誹りを受けるのであろう。

もういいや、それで。

といいつつ、実際の知人がこの記事にLike!押してるのがショックで、Facebookには書けなかったという…。