住めば西条

東広島市に赴任してきた30代OLの日々。犬と二人暮らし。

酔っ払いが嫌い

私はお酒がほとんど飲めないし、飲みません。

飲み会は別に嫌いじゃないです。でも酔っ払いは明確に嫌いです。

友達同士の気楽な飲み会や、自分の限度や酔い方を知らない若者の飲み会ならともかく、職場の飲み会で歩けないほど酔って「酔ってない、大丈夫」とか言ってる人を見ると、失礼だけどなんだか情けない気持ちになります。

自分が飲まないからって酔っ払いに厳しい、って言われたことあるけど、むしろお酒弱いぶん、自分が酔っ払いになるリスクは他人より高いはず。自分でそれがわかってるから、職場の飲み会で前後不覚に陥ったり他人にからんだりするまで飲んだりしません。だからべろんべろんのおじさんを見ると、なんで自分でセーブできないの?って思ってしまうのです。お酒の味自体がそんなに好きなの?

うちの職場にはお酒を無理強いする文化もなく、そんなに酔っ払う人を見ることは稀。でも普段会わない人たちと飲んだらその稀な機会となってしまい、色々悲しくなったのでコレを書いてます。

 

その飲み会ではある人に、同意しても反論しても責められ、最終的にはなぜか「とびしま海道が出来た経緯を知らない」ということを責められてました(思い返すとちょっと可笑しい)。いやその人も経緯なんて知らないんだけどね。他の人は他の話で盛り上がってる中、私は壁際に追い詰められてイチャモンを真摯に聞き(流し)、「ああこの人、何でもいいから責めたいだけなんだ」と、しらーっと醒めた気持ちでいました。

「酔っ払いの戯言だから聞き流せばいい」とよく言われるし、私だってまともに受けとめてはいません。でも酔っ払いの戯言でも普段から思ってないことは言わないし、むしろ酔ってるときのほうが本性なんでは?と思えてならないので、私は飲み会の後みんなが素面になっても、そのときの醒めた気持ちを忘れることができません。

酔って陽気になる人、盛り上がる人はわかるんだけど、からむ人はなぜからむってわかっててそうなるまで飲むんだろう。自分だってからんで楽しくはないはずなのに。それが心底フシギ。誰か分かる人教えてください。味がおいしいから?

ちなみに「自分も酔っ払ったら気にならなくなるんじゃない?」というのは、私はないです。酔うとよりイライラして攻撃性が増します。だから酔わないようにしてるんだってば・・・。

ちなみに「自分だって他の面で他人にがっかりされてることがあるんじゃないですか?」というのは、当然わかってて言ってます。ええあるでしょうね。でも自分にも欠点があるから他人の欠点を認めようとか、今回はそういう話ではないので。

 

良かったこともひとつあって、前に一緒に仕事をしたことがある人もその会に同席してて、私のことを「本当にこの人はできる。どこに行っても大丈夫」と言ってくれたのが涙が出そうなくらいうれしかった。もう中堅と言われていい年次なのに、自分の仕事ぶりにいつも自信が無いので。。。

ジュネーブその他への出向履歴だけ見て「すごいね」って言う人はたくさんいるけど、そんなの実力が全く伴ってないことは私が一番よくわかってるので、言われても「期待はずれでごめんね」って思うだけ。でも一緒に仕事した人がそう言ってくれたのは本当にうれしかった。「こんないい娘なかなかいない。息子の嫁にほしいくらい」とも言ってくれた。そのときすでにまっすぐ立てないくらい酔っ払ってたけど。

ただ惜しむらくは、その後「自分が10年若かったら絶対口説いてる」「口説きたいけどなかなかそうも行かない」「口説きたい」が20回くらい、宿泊先のホテルの部屋の前まで続いたこと。。。

本人は明らかに正気じゃなかったし覚えてないかもしれないけど、私はあの悲しさ・ショックを忘れられません。生理的嫌悪感より悲しさが勝ってた。

とびしま海道の人は初対面だったので、イライラはしたけど正直「そういう人か」と思うくらいでショックっていうのはありませんでした。でも昔一緒に仕事をして、その仕事を褒めてくれた尊敬する人の「口説きたい」発言はショックだったなあ。。。素面では絶対そんなこと言う人ではなくて、奥さんとお子さん思いの良いパパなんだけど。ああだからこそショックなのか。

 

なーんて言っている膝の上で犬が眠くてぐずって(膝の上でうまく寝る体勢を取れない)いるのが可愛くて、もうどうでもよくなってしまう。

その人たちがそういう人で、私はそれを受け入れられない人ってことはもうどうしようもないことだから、忘れよう。

そのこと自体は忘れられないけど、今の憂鬱な気持ちは忘れよう。

そして犬と一緒に寝てしまおうっと。