住めば西条

東広島市に赴任してきた30代OLの日々。犬と二人暮らし。

ジュネーブOG,(日本の)ギリシャに集う。

友達と話してて、瀬戸内海は日本のエーゲ海と言われて(自称して)るので、ということは広島はギリシャあたりかしら?という話になりました。

西条の私の職場は東京のオフィスに比べるとだいぶホワイトというか、ワークライフバランス良好なので、そのへんもヨーロピアン、特に働かないギリシャ的かなーなんて(ギリシャの人ごめんなさい。ジュネーブ時代の同僚のギリシャ人は働き者でした)。 

で、都会の荒波でボロボロに疲れた2人のジュネーブOGがわがギリシャにいらっしゃいました。東京から広島って新幹線で来ると遠くてうんざりするんだけど、彼女らは疲れすぎてグッスリだったので、ワープしたかのようにあっという間に広島に着いたんだって。よかったよかった。

いつか遊びに行くねっていってもただの社交辞令で実現しないことが多いけど、ホントに来てくれる人がたくさんいるので嬉しいです。

以下写真。 

 

まずは駅ビルの人気店・麗ちゃんでお好み焼き。20分くらい並んだかな。

麺をケチャップで炒めてます。ソースはカープソース。マヨは無し。

f:id:mamezo12:20150327130420j:plain

 

オタフクソース見学施設、Wood Eggへ。CERNに似たのがあったような。

f:id:mamezo12:20150327145836j:plain

 

お好み焼きソース以外にもたくさん商品あります。

いま藻塩にんにくソース使ってるけど炒めものがなんでもおいしいよ!

f:id:mamezo12:20150327153041j:plain

 

勤勉な機械がじゃんじゃんソースを作ってくれる。

f:id:mamezo12:20150327154258j:plain

おみやげにできたてのソースをもらい、小さいお好み焼きの試食もありました。

全てにおいて対応がゆきとどいていて、途中ですれ違う社員さんたちもみんな挨拶してくれて、あったかい良い会社だなあと思いました。3人ともすっかりオタフクファンに。

 

ばんごはんは西条駅ちかくの満天へ。利き酒セット

f:id:mamezo12:20150327183253j:plain

と、美酒鍋。

f:id:mamezo12:20150327183740j:plain

 

酒蔵通りで昼間から試飲しまくり。

私の鉄板は、

・白牡丹の甘酒(麹からなのでノンアルコール。冷やしてもすごいうまみ。)

・西条鶴の純米(青いビン、白いラベルに青い文字で西條鶴って書いてあるやつ。もみじ酵母。さわやかで飲みやすい)

賀茂鶴の梅酒(ジュースかって思うほど飲みやすくて甘すぎない)

f:id:mamezo12:20150328100706j:plain

 

鞆の浦 阿藻珍味・鯛匠の里で、ふりかけ&ちくわ作り体験。

体験コーナー 鞆の浦 鯛匠の郷

どうやってもおいしいのができるので大人も子供もオススメ。

f:id:mamezo12:20150328150013j:plain

 

鞆の浦の海

f:id:mamezo12:20150328154532j:plain

 

村上製パンのパン。

昼間から道端で車座になって飲んでたギリシャ的なおじさんたちに勧められて。

酒飲みながら「はよ食べんと砂糖が溶けるで!」「砂糖が溶けたらおいしゅうないけん!」と口ぐちに言われました。パンは素朴な味で、あのおじさんたちが砂糖のザラザラを楽しみながら食べてるのを想像するとほっこりしました。

f:id:mamezo12:20150328155744j:plain

 

対潮楼からの眺め。何度見ても絶景。

f:id:mamezo12:20150328162053j:plain

 

3月でしたが宮島は春の陽気。

f:id:mamezo12:20150329114159j:plain

 

春。

f:id:mamezo12:20150329134538j:plain

 

宮島グルメは焼き牡蠣、

ぺったらぽったら ぺったらぽったらとは|安芸の宮島の新名物【ぺったらぽったら】

揚げもみじ 揚げもみじ|紅葉堂

 

あなごめしは食べ損ねたけど、帰りの新幹線の中であなごめし弁当を召しあがったそうです。