読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めば広島

東広島市に赴任してきた30代OLの日々。ねずみと犬と三人暮らし。

答え合わせ

若くして死んだ友達のお母さんと久々に会って話していたら、私の思い出の中の高校生の彼女と、同じ時期のお母さんの思い出の中の彼女がつながって、私たちの間に小さい彼女がふと現れた気がした。

彼女と同い年の私を彼女のお母さんがどんな気持ちで見ているのか、何をしたら助けになるのか、悩んだこともあったけど、その時確かに私たちの間で小さい彼女が心を温めてくれてたから、これで良かったんだと思う。

 

そのあと一人で家で泣いていたら、うちの小さい犬がそっと歩み寄ってきて、「クチュン!」とくしゃみをすると同時に「プッ」とおならをしました。

泣き笑いする私の傍らで、犬はスッキリした顔してました。