住めば西条

東広島市に赴任してきた30代OLの日々。犬と二人暮らし。

出雲ツアー

連休最終日、昔の上司、同僚とともに出雲大社に縁結びツアーに行きました。

ふたを開けてみれば出雲大社は一瞬でさくっと終わり、ほとんどの時間を出雲そばを求めてさまよって過ごした一日でした。

f:id:mamezo12:20141102122856j:plain

出雲大社は激コミでした。3年くらい前に行ったときは、冬、平日、早朝で、誇張なしで5人くらいしか人に会わなかったんだけどなあ。

 

f:id:mamezo12:20141102130710j:plain

いなばの白ウサギと大国主命。「身体を真水で洗って、がまの穂をつけたらもとのモフモフ白ウサギに戻るよ」と言ってるところですが、boketeとかに上げたらおもしろい台詞をつけてくれそう。

 

このあと出雲そばを求めていろんなお店に行きましたが、満席、駐車場がいっぱい、営業時間終わり、麺が品切れなど様々な理由で食べられず、結局夕方になって諦めて日御碕に行きました。

私は今年、人生で3回ある厄年の中でも最大の「大厄」らしいんだけど、だからってこのそば運のなさはすごい。

 

f:id:mamezo12:20141102164721j:plain

写真じゃ伝わらないけど、日本海の荒れっぷりはすごかったです。大迫力。ちょっと怖いくらい。

日御碕の灯台のとこに「まの商店」ってお店があって、そこでヒラマサの海鮮丼を食べました。タレが甘い醤油で、西日本のごはんだなーって感じしました。

できたてのカレイの干物も買って帰ったんだけど、フワフワジューシーでおいしかったです。

日御碕神社にも行って、清めの砂のお守りをもらいました。写真取り忘れてたけど、なかなか立派な神社でした。砂を撒くと土地が清められるとか。帰宅したら玄関にコウモリが死んでいたので、さっそく撒きました。安らかに成仏しておくれ。

 

日御碕に行く途中の道に、家庭用電話機みたいなのがポツンと置いてあって「もしやあれは自殺志願者が最後に思いとどまるためのいのちの電話・・・!!」と思ったのですが、あとで調べたら「公衆有線」というそうです。知らなかった。

変わったものシリーズ(島根編) - 子供の心を持ったオヤジのブログ - Yahoo!ブログ

てっきりいのちの電話系だと思ったので車窓から見つけても怖くて言えなくて、だいぶ過ぎてから「…さっき変な電話ありましたよね」って打ち明けて、車内に余計な恐怖をばらまいてしまいました。なのにそんなほのぼのノスタルジックな電話だったなんて!

 

山陰はほぼずっと暴風雨で、「でも雨のなかわざわざお参りするほうがご利益あるらしいですよ!わざわざ参ってやりましょうよ!」とか言いながら向かってたのですが、出雲大社も、日御碕も、車から降りている間はほぼ雨は降らず傘の出番はありませんでした。

車に乗ってるときは洗車場かってほどの土砂降りなのに、降りると止むってすごくないですか?きっと神様の祝福…か、「わざわざ参ってやったから良縁をよこせ」と言われないために「せめて雨だけでも止めとくんで気持ちよく良縁は勘弁してとっとと帰って…」ってことかな。